Home » 最新情報 » 換金業者の還元率
クレジットカード換金 最新情報
クレジットカード換金 最新情報

換金業者の還元率

最新情報 | 04月09日更新

換金業者の還元率は、一般的には利用者が自分のショッピング枠からいくら利用するかによって変わってきます。
例えば数万円の利用額しかない場合には還元率は低く、数十万円の利用額があれば換金率は高くなります。
大手の換金業者を見てみると、20万円以下なら80%、100万円以下なら90%、100万円以上なら95%といった具合です。
これは還元率が業者の利益に関わってくるためこのような基準となっています。

なぜなら、もし還元率を一律90%にしてしまうと、1万円利用した人からは1000円の利益、100万円利用した人からは10万円の利益が得られることになり、少額の利用金額では業者にとっての利益が少なくなってしまうからです。
つまり、利用額が多いほど還元率は高くなります。

しかし、この業者が謳う還元率は実際には上記のようにシンプルに還元率分が利用者の手に入る場合と入らない場合があります。
例えば、還元率80%の業者と還元率95%の業者があったとします。
普通なら多くの人はこの場合95%の還元率の業者を選ぶことでしょう。
ところがホームページに載っているこの還元率をうのみにするのは少々危険です。

なぜなら、実際に換金する際には、消費税やクレジットカードの決済手数料、商品の配送料等の手数料がかかってくるからです。
消費税はどの業者も同じですがその他の手数料は業者によって違いがあります。
そのため還元率90%だと思って利用したのに、実際に振り込まれた金額は80%だったということも少なくないのです。
まれに手数料も加味して還元率を提示している良心的な業者もありますが、ほとんどの場合は手数料は加味されていない還元率が提示されています。

一般的にはスピーディな換金を謳う業者ほど換金率が低く、数日かかるような業者ほど、換金率が高い傾向にあります。
またその両方のサービスプランを取り入れている業者もいます。
優良業者かどうかの確認をしたうえで自分にあったプランや換金率を選びましょう。

top