クレジットカード換金 最新情報
クレジットカード換金 最新情報

クレジットカード換金の最新ドレンド

▼ 目次

サーバー型電子マネーであるアマゾンギフト券が主流に?

クレジットカードの換金(現金化)といえば、ショッピング枠を使って特典つき商品を購入する「キャッシュバック方式」が主流と言われてきましたが、この一時代を築いたキャッシュバック方式やクレジットカード決済が済んでからのキャンセルによる返金を目的とする方法は、理屈的に矛盾が多く正規の方法とはいえなくなってきています。

もちろん、まだまだWEB上の現金化業者の人気は根強く残ってはいますが、結局のところクレジットカード換金はカードでお買い物して、それを転売する方法でしか安全に現金化することはできないのです。
そこで現在のクレジットカードのショッピング枠での現金化で購入される商品の主流となりつつあるのがサーバー型電子マネーであるアマゾンギフト券なのです。

クレジットカードのショッピング枠での換金は過去に摘発された業者もおり、有罪判決を受けたことから商売として違法性がある印象がありますが、クレジットカードの換金をしている業者がすべてヤミ金融なのかというと決してそうではありません。
なぜなら、クレジットカードの換金は利用者の目的であり、業者は買取り業務やネットショップの一環として業務を行い、結果的にショッピング枠が換金されているだけだからです。

例えば、元ヤミ金融がクレジットカードのショッピング枠の換金を店舗で行っても、公安委員会から古物商の営業許可を取得していれば何の問題もありません。
つまり、たとえ利用者の目的がクレジットカード換金であっても商品買取りの業務を正規に行っていれば法律違反ではなく、業者が逮捕されることはありません。

以前はクレジットカードのショッピング枠での現金化は新幹線チケットの転売が主になされ、その他ブランド品のバッグや電化製品、切手やはがきも現金化されていました。
安全なクレジットカードの換金は店頭買取りが常識でしたが、この常識を打ち破って出てきたのが電子マネーであるアマゾンギフト券です。
現在ではクレジットカード換金の半数以上がアマゾンギフト券の買取りとなっており、最新トレンドといえるでしょう。

アマゾンギフト券の長所は何と言っても店舗まで足を運ばなくても取引が成立するところにあります。
一般的な金券類となる商品券は紙で出来ていて実在するものですが、アマゾンギフト券は実在するものもありますが、ギフト番号と呼ばれる文字をアカウントに登録することによって実在しないものも、金銭的な価値を生むことになります。
これはEメールタイプと呼ばれるもので、メールで金銭的な価値のあるギフト番号を相手に送ることができます。

アマゾンギフト券の買取手順

このクレジットカード換金としてのアマゾンギフト券の買取り手順は
1アマゾンでEメールタイプのギフト券をクレジットカードで購入する。
2アマゾンギフト券の買取りサイトに申し込みをする。
3本人確認などの手続きをする。
4ギフト券を買取業者のメールアドレスに送信する。
5買取り代金として買取業者から利用者の口座に振り込みがなされる。
といったような方法で換金されることになります。

アマゾンでネットショッピングすることが生活の一部になっている人も多い昨今、クレジットカードでアマゾンギフト券を購入することは不審な行動とはみなされません。
然るにアマゾンギフト券でクレジットカードの換金がなされていることを疑われることがありません。
つまり、このアマゾンギフト券の転売によるクレジットカード換金はこれまでの現金化方法の中でもより利便性に優れた方法として活用されており、商品買取り型においてはクレジットカード換金の最終型といっても過言ではないでしょう。
しかしこの行為自体は厳密にいえばクレジットカード会社の利用規約違反となりますが、クレジットカード会社がアマゾンギフト券の購入を抑制する可能性はあるのでしょうか?

元来クレジットカード会社はネットショッピングや普段の買い物などでカード所有者にクレジットカード払いをしてもらうことによって利益を生んでいます。
そのため、国内最大級のオンラインネットショッピングモールであるアマゾンはクレジットカード会社にとって最大の取引先といっても過言ではありません。
もしクレジットカード会社がクレジットカードショッピング枠を利用した換金の可能性を見越してアマゾンギフト券のEメールタイプの購入を阻止しようとすれば、それはアマゾンにとっては自社の売り上げに関わる重大な問題として、そのクレジットカード会社に対してよい印象を持たなくなるでしょう。
従ってクレジットカード会社はたとえ換金目的でアマゾンギフト券を購入する所有者がいてもそれを厳しく取り締まるのは難しい状況にあると言わざるを得ません。

ではアマゾン側はどうかといいますと、アマゾン側でも決してギフト券の売買は認めてはいないのですが、それはギフト券を売買したことによって発生したトラブルについては対処しないという意味での転売防止であり、ギフト券が売れること自体が販売促進に繋がることは明白であり、それを抑制することは現状ではないと考えられます。

さいごに

このような理由からクレジットカード会社もアマゾンもこのアマゾンギフト券転売による現金化を未然に防止することはなく黙認していることになりますので、今後もクレジットカード決済により購入されたアマゾンギフト券は売買され、換金され続けていくことになるでしょう。

top